ブログ

Blog

めざせ ソロキャンプ2019.08.01

イメージ イメージ イメージ

 Author 管理人 

 

京王アートマン聖蹟桜ヶ丘店にアウトドア用品の売場ができてはや5か月。

販促担当という立場なので、アウトドア歴は皆無に近い私でも、ホームページに、アプリに、折込にと取り上げ続けていれば、興味も知識も少しずつ増えてきます。

加えて、入荷したテントが、飛ぶように売れるのを見ていると、「そんなに楽しいのかな…?」「やってみようかな…。」などと思えてきました。

しかし、ファミリーで楽しむイメージの強いキャンプ。

我が家では長男は就職して独立済み、長女も中学生です。

ファミリーキャンプには時期を逸してしまったのではないか…とあきらめムードになっていたところに、キャンプの担当者から聞いた言葉が「ソロキャン結構人気なんですよ」。

 

そろきゃん? ソロ(一人)  キャン(キャンプ) だそうで、ツーリングをするバイク男子の専売特許と思いきや、女性のソロキャンも人気だとか。

 

そうか、一人キャンプ場で星を眺めるのもいいかもしれません。しかし、また難問が。私は車を運転しません。

ソロということは、荷物はわが身が背負える分だけ。

 

私が背負えるテント

私が背負えるマット

私が背負える調理器具

あるだろうか、でも行ってみたい。探してみよう。

 

考えた結果選んだのが以下のラインナップ

テントは、DODのワンタッチテント。

2人まで使えて重さは3キロです。

マットもDODのソトネノサソイ。

1人用なら重さ2.1キロ。

調理器具は、防災もかねて持っている、アウトドア対応、イワタニのカセットコンロ『タフまる』だと、ケース込で3.9キロ。計9キロ…登山をしている人には背負えそうな重さですが、どうでしょう?

普段から重いバッグは持ち歩いていますが、他にも荷物があることですし、これだけで9キロは大変そうです。

 

となると改善策としては

1. 調理道具を、アウトドア用のコンパクトバーナーにして軽量化する。(調理器具の重さは一気に1/10に。)

 

2. 娘をさそう。その場合は寝具をSサイズからMサイズに変えないと寝られないので、重さは4.5キロにアップします。

 

結論としては

マットをMサイズにして、2人キャンプでも行けるようにしておき、さらにコンパクトバーナーをなにか入手することにしました。そうすれば、ソロキャンプは、コンパクトバーナー持参で湯沸し程度の調理にすれば実現し、さらに娘とカセットコンロを持っての2人キャンプも可能です。

 

テントはすでに取り寄せ済みで、さきほど、マットが入荷したとの連絡がありました。

さて、最初のキャンプはソロキャンプになるのか、はたまた親子キャンプになるのか乞うご期待。

この結果は次のブログで…の報告予定はありませんが、めざせ!ソロキャンプ

 

京王アートマン聖蹟桜ヶ丘店4F アウトドア用品

DOD ワンタッチテント(エントリーモデル、2人用) ¥8,400(税抜) お取り寄せになります

DOD ソトネノサソイ(M) ¥9,600(税抜)