ブログ

Blog

万年筆の世界2019.11.28

イメージ イメージ

  Author 管理人代理 J 

 

文豪と呼ばれる小説家や大切な書類のサインにつかう、

就職祝いに贈る、ちょっといいもの

…などなど、高級品のイメージが強い万年筆。

 

文房具が大好きで、好みの筆記具は肌身離さず持ち歩く管理人代理 Jですが、実は「でも、お高いんでしょう…?」とわりと最近まで特定の万年筆を持っていませんでした。

 

…が、聖蹟桜ヶ丘店で行われたあるイベントを境に、数本の万年筆の所持者に!

 

そのイベントとは、直近だと

------------------------------------------------------------

2019年11月29日(金)~30日(土)

------------------------------------------------------------

に聖蹟桜ヶ丘店3Fで行われる「ペンクリニック&筆圧測定」。

 

筆圧測定は、センサーのついたペンで筆記すると、傾き方やねじれ、一文字一文字の筆圧などを計測してくれます。

その傾向からぴったりの万年筆を教えてくれるというもの。

 

また、筆記のパターンにより、性格傾向も教えてくれます。

(実はその当時はこちらが目当てでした…!)

 

診断で導き出された万年筆を試し書きさせていただくと…

ペン先が紙に吸い付くようで、な、、、なめらか~~~!!

 

以前から万年筆は紙を擦り上げるようにガリガリと書くイメージだったので、それをお伝えすると、これまたぴったりイメージの万年筆を試し書きさせてくださいました。「万年筆」で括って考えてたけど、こんなに書き味が違うんだなあ…とひとしきり感激しました。

 

万年筆は

・太さ(細字・中字・太字など)

・しなりの硬さ・やわらかさ

などが違う組み合わせがたくさんあるので「これが私の求めていた書き心地!」というものに出会えたら、お気に入りの筆記具になることまちがいなし。

 

さらに、お気に入りのペンが壊れた、書き心地が変わってしまった気がする…

などのお悩みに答えてくれるのが、もう一つのイベント「ペンドクター」。

 

ご予約優先ですが、初心者の私にでも、とても丁寧に教えてくださいました。

ドクターに初めての万年筆選びでは何を気にしたらよいか聞いてみたところ

-----------------------------------------------------------------

・普段使うことが多い筆記具

・大きい・細かいなど、どのような字を書くことが多いのか

・どういう用途で使いたいか

-----------------------------------------------------------------

などをこころに秘めてくると見つけやすく、また、とにかく試し書きをするとよいそうです。

 

***

 

高価なイメージのある万年筆ですが、最近では千円前後のカワイイのも多く、書き味もいろいろなので、たくさん試し書きをしてお気に入りの一本を見つけてみてはいかがでしょうか。

 

万年筆だけでなく、インクのバリエーションも本当にカラフルで半端ないので、使うのがとても楽しくなります。

 

お気に入りの万年筆とお気に入りのインクで、これからの季節はクリスマスカードや年賀状にサインをしまくるのも楽しいかもしれません。

 

万年筆の世界へ一歩踏み出してみませんか?

 

※写真は過去のものです。

※個人的な感想です。